ホームノンフロン自然冷媒ガス › フロン排出抑制法

フロン排出抑制法

ご存知ですか?フロン排出抑制法により定期点検などが義務化されました。

フロン回収・破壊法が改正され、「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」(略称「フロン排出抑制法」)として2015年4月1日から施行されました。
この法律によって業務用空調機の管理者が機器を使用・管理していく上で、守るべき【判断の基準】が定められ、年度ごと国に漏れ出た空調機のフロンガス量を報告することが定められました。

» 環境省 フロン排出抑制法
» 経済産業省 フロン排出抑制法

業務用空調機の管理者とは?

業務用の冷凍空調機の所有者のことをいいます。
そのほか、冷凍空調機器の使用等を管理する責任を負うものとなります。

所有および管理の形態 「管理者」となる者
自己所有 / 自己管理の製品 該当製品の所有権を有する者
自己所有でない場合
(リース・レンタル製品など)
該当製品のリース・レンタル契約において、管理責任
(製品の日常的な管理、故障時の修理等)を有する者
自己所有でない場合
(ビル・建物等に設置された製品で
入居者が管理しないもの)
該当製品の所有・管理する者
(ビル・建物等のオーナー・管理会社等)

管理者には点検やフロン漏えい量を報告する義務がありますので、管理責任の所在に問題が生じないように、事前に関係当事者間で「誰が管理者であるのか」を明確にしておくことが必要です。

判断の基準とは?

業務用冷凍空調機器の管理者の管理意識を高め、業務用冷凍空調機器を使用している時にフロンが漏れ出ることを防ぐため管理者が機器を使用する際に守らなければならない機器管理に係る「管理者の判断の基準*」が定められました。
*フロン排出抑制法第16条に基づく管理者の判断の基準

管理者の判断の基準
1. 機器を適正に設置し、適正な使用環境を維持し、確保すること
2. 機器を定期的に点検すること(下記の表を参照)
3. 機器からフロンが漏れ出たときに適切に対処すること
4. 機器の整備に関して、記録し、保存すること
その遵守状況については都道府県知事が管理者を監督(指導・助言・勧告等)することになります。

対象 点検内容 頻度
すべての機器 簡易点検 3カ月に1回
7.5kw~50kw以内の機器 専門家が定期点検 3年に1回以上
50kw以上の機器 専門家が定期点検 1年に1回以上

HCR188C2へ入れ替えにより定期点検が不要になります。

フロン排出抑制法はフロンを大気に放出させないための法律です。
HCR188C2はフロンを含まないノンフロン冷媒ガスのため、フロン排出抑制法の適用対象外となります。

» ノンフロン自然冷媒ガス

» ノンフロンガスとは?

» 地球温暖化防止

» 消費電力削減効果