ご存知ですか?

フロン回収破壊法が改正され、「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」(フロン排出抑制法)として、平成27年4月1日から施行されました。

エアコン

点検は所有者に課せられた義務です。

フロンの排出を抑制するため、業務用空調・冷凍機器(第一種特定製品)について所有者(管理者)に点検・修理・記録・報告・充填・フロンガス回収業者による回収・破壊などが義務付けられました。


第一種特定製品とは?

冷媒としてフロン類が充填されている機器を指します。

業務用の空調機器

パッケージエアコン・ビル空調用マルチエアコン・チリングユニット・スポットエアコン・ガスヒートポンプなど

業務用の冷凍・冷蔵機器

コンデンシングユニット・冷凍冷蔵ショーケース・業務用冷凍・冷蔵庫・スクリュー冷凍機・ターボ冷凍機・冷水器など


管理者に求められることは?

管理しているすべての第一種特定製品について、次の3点を厳守する必要があります。


点検・記録・報告

しかし、「点検方法がわからない」「どこに依頼すればよいかわからない」などお悩みはありませんか?


お問い合わせください

業務用空調・冷凍機器の点検代行や修理、清掃などお客様のサポートをしっかりさせていただきます。まずはご相談ください。

» フロン排出抑制法

お問い合わせ

» エアコン保守・修理

» エアコンクリーニング



インフォメーション

2018.1.9
サイトをリニューアルしました。
2017.6.1
社名を「グローバルエコイノベーションジャパン株式会社」より「GEI株式会社」へ変更いたしました。
2016.7.1
サイトをリニューアルしました。
2014.7.15
ノンフロンガス「HCR188C・HCR188C2」の日本での販売を開始。
2014.4.2
ノンフロンガス「HCR188C・HCR188C2」のアジア代理店契約を締結。

» 一覧へ